FC2ブログ

社長より、初出式の挨拶文を掲載させて頂きます。

※ 2011年01月05日 当社の初出式にて述べました新年挨拶を上げまして、社内外皆様への挨拶に変えさせて頂きます。

新年あけましておめでとうございます。
2011年1月5日、本日より当社もまた、新たなる年を刻む事となりました。

「振り返れば」そう語るに、年度当初の言葉を考えながら思いをはせておりました。
このたった数年の間にも、良い思い出、素晴らしい経験と共に、苦い思い出、辛い経験を誰しもが思い浮かべる事があるのではないでしょうか?

今年もこの場において、世界情勢、経済の動向を語る思いはありません。
厳しい世の中に目を向け、歯を食いしばって頑張ろうなどと語っても、皆様の記憶にきっと刻まれる事の無い言葉ばかりとなるでしょう。

そのような中、この年度始めに述べるべきは、当社の向かうべき「考え方」とさせて頂きました。
我々はこの60年間で、どれだけの顧客に満足をいただいたか?、当社の業に関わった全ての人々に、いかほどに満足を持ってその業に準じて頂けたのか?

本年より61年目の年を歩むに至り、その60年の歴史に一線を引き、新たに0歳から始めるのか?と、考える事は先ずありえもしない思いでしょう。

これからの来年、再来年の企業の行く末を心配して進んで行く事を「繰り返す」のではなく、この60年に関わった全顧客と全従業員に対し、今なおどれだけの満足を頂いているかを考え尽力をする事が、我々の新たなる使命と考えております。

ここで申し上げます顧客とは一般的に言われる顧客だけではなく、商いのやり取りをする協力業者を含めたすべての示しております。
そして全従業員とは当社の業に従ずるものすべてであり、ここにおられます皆様方はもちろん、私や業に関わりのあるすべての人々を含めたすべての従業員と捉えております。

そこで、このすべての顧客と全従業員に対して満足を頂くためにするべき事とは、当社がもたらすことの出来る最大限の「安心と安全」、これに尽力致す事です。

2011年、澤村グループは、60年の関わりすべてが「安心と安全」に満足頂けているかを考え、尽力して参りたいと考えております。

過去の軌跡に徹底して振り返りを行ない、相互が満足をもって新しい過去を作って行く事に思いを馳せる企業を目指す事。
「それが我々の最大の使命である」と、そう思えるほどになった時、この60年という歴史に深く、極めたる意味がにじみ湧いてくるものと信じて、本年をその使命に向かうべく邁進して参りたい思いであります。

つきましては、先ずは我々自身が健全なる思いを持ち、業に従ずる事をお願い申し上げ、はなはだ簡単ではございますが、新年の挨拶に代えさせて頂きます。

本年もまた、どうぞよろしくお願い申し上げます。

澤村 幸一郎
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

株式会社 澤 村

Author:株式会社 澤 村
滋賀県高島市勝野1108-3
tel:0120-55-0002

滋賀県で建築するなら私たちにお任せ下さい!

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ランキング
人気ブログランキングへ
お問い合わせ・資料請求
※タイトルに資料のご請求、もしくはお問い合わせの旨をご明記下さい。

※資料のご請求は、お名前、ご住所、お電話番号をご明記下さい。

コチラから
only one