観葉植物 ガジュマルの育て方🍂

こんにちは!
住環境事業部の原です( ^^) _旦~~

今回は、ガジュマルとはいったいどんな植物なのか・・・
また、ガジュマルの育て方をご紹介したいと思います!

ガジュマルとはこちら↓
41x2Il1D5OL.jpg
名前と同じように丸っこくてかわいらしい見た目をしています🍂
植える鉢によって印象がガラリとかわるので、置き場所を選ばない観葉植物です。
白い陶器の鉢に植えればすっきりとしたイメージに、
和風の鉢なら盆栽のような雰囲気に仕上がります♡


―ガジュマルについて-
ガジュマルは、低木や岩の上などで発芽しますが、根が地面につくと樹皮が発達し、
コンクリートでも突き破るほどに強く固くなります
ガジュマルのこの生命力から「健康」という花言葉がついたと言われています。
ガジュマルは、別名「多幸の木」とも呼ばれていて、風水アイテムとしても人気があります。
ガジュマルは良い運気を引き寄せたり、金運アップにつながるなどの効果があるうそうです
・・・・ガジュマルを適当に扱っているとキムジナーを怒らせてしまう、という話もあります


―ガジュマルの育て方―
ガジュマルはたくさんの日光を浴びて育つ観葉植物です。
日が差すベランダや明るい窓辺に飾ると、ガッシリとした丈夫な木に育ちます。
ただ、直射日光に長時間当たったり、急に日光の量が増減すると環境に適応できずに枯れる
場合があるので、置き場所は最初にきちんと選んであげた方が安心です。

○水の与え方
水やりの基本は、「土が乾いたらたっぷりと与える」です。
春〜夏は1日に1〜2回を目安に水やりをします。
そして、気温が下がってきたら徐々に水やりのペースを落とし、
冬は土が完全に乾いてから数日後に水やりをすると枯れさせずにすみます。
水が足りなくても枯れますが、いつも土が湿っていても根が腐って枯れるので、
季節に応じた水やりを心がけてくださいね。

冬になったら、ガジュマルの木は室内のあたたかい場所へうつして育てます。
もともと、暖かい地域に育つ樹木で、気温が5度以下の場所に置いておくと葉っぱが
黄ばんで枯れ落ちます。

また、冬の冷たい風や霜に当たるとすぐに弱るので、
特に夜は窓辺に置かないよう注意しましょう。
日当たりが心配なときは、日中のあたたかい時間だけベランダに出すなど工夫するのが、冬を過ごすコツです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

株式会社 澤 村

Author:株式会社 澤 村
滋賀県高島市勝野1108-3
tel:0120-55-0002

滋賀県で建築するなら私たちにお任せ下さい!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
リンク
ランキング
人気ブログランキングへ
お問い合わせ・資料請求
※タイトルに資料のご請求、もしくはお問い合わせの旨をご明記下さい。

※資料のご請求は、お名前、ご住所、お電話番号をご明記下さい。

コチラから
only one